2010年11月25日

リフォーム講習3回目

リフォーム講習3回目です。
RIMG0460.JPG


1回目の授業の続きを前回は飛ばして進めましたので、体型別の「補正」説明からです。
肩パットを取り付けたボディを用意して、立体で補正していく作業です。


まずは体型説明です。
RIMG0470.JPG

写真の体型はいわゆる「腿の張った体型」で、ヒップよりも太腿のほうが前に張り出している体型です。スポーツをしている人に多いですね!


前回も説明しましたが、下の写真のような皺が出てしまいます。
RIMG0431.JPG

太腿の張り出している箇所に引っ張られて皺が出来ています。


では「補正」してみましょう!
RIMG0568.JPG

脇で中の生地を出しました。


RIMG0570.jpg

すでに出来上がった服をお直しするのはこのあたりでしょう。
出来れば、ダーツも調節したいところですが・・・

基本的には膨らんでいる箇所で補正をしますが、写真の補正だけでは「補正した箇所だけが膨らんでいる服」になってしまいます。
実際に一からパターンを修正するのであれば、脇だけ出すのではなく、全体的なバランスをとり、ダーツなども修正し、膨らんでいる体型を目立たなくします。

作業はパターンの事や補正のアイディアを出しながら2人1組でしてもらい、かなり盛り上がる!?講習になりました!
RIMG0462.JPG


他にもトップスの補正をしてもらいました。
RIMG0474.JPG

RIMG0475.JPG

トップスのほうがやや難度は高めですが、練習向きの基本的で理解しやすい形の補正です。
「なで肩体型」や「猫背体型」などを用意しました。どちらもかなり多い体型です!

個人に対して服を作ってあげるなら、「補正」の知識は絶対必要です!実際には「なで肩」で「猫背」というような体型の方もいますので、かなり難度は上がります。興味のある方はぜひ練習を!



次回はパンツを皆さんに持ってきてもらい「お直し」の作業です!選ぶパンツとお直しの方法で皆さん時間差はありますが、完成次第お伝えしていこうと思います!

お楽しみに!

好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/

posted by ル*オペラ at 12:21| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

メンズドレスシャツ講習A 2回目

メンズドレスシャツ講習A 2回目です。
前回の裁断の続きからです。

衿の裁断
RIMG0459.JPG

立体的な衿を作るために裏羽衿は縦糸に対して斜めに型紙を配置します。詳しくは縫製時にご説明を!

さあ縫製です!
糸は細い糸を使い、ドレスシャツっぽい雰囲気に仕上げます。

前立て
RIMG0458.JPG


RIMG0477.JPG

必ず型紙を確認しながらアイロンで正確に折ります。1ミリでも巾が変わると、目立ちます!
柄の入っている生地は柄に合わせます。

RIMG0463.JPG

前立てはシャツの顔ですから少しでも縫製がぶれると目立ちます。慣れないうちはゆっくり丁寧に縫う事をおすすめしますが、一気に早く縫うとまっすぐ綺麗に縫うことができます。


RIMG0486.JPG

裾もそうですが、服は立体になればなるほどアイロンがかけにくくなります。先にアイロンで折ることができる箇所は折っていたほうが正確に縫製ができます。


次回はみなさん縫製されます。縫うことも難しいのですが、アイロンで完璧に形をつくってから縫えば綺麗な仕上がりになります!
縫う前の下準備が非常に重要だと言うことですね!


それでは次回もお楽しみに!

好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/

posted by ル*オペラ at 11:26| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ドレスシャツ講習A 1回目

9月の特別講習から始まったドレスシャツ講習第2回です!
今回受講された方は以前にすぐに定員になってしまったので、すぐにキャンセル待ちをされた方ばかりで、かなり人気の講習です!
普段縫う機会がない方には特にオススメの講習です。
シャツの縫製は正確さが求められますから、綺麗に縫う事ができれば、かなりのアイテムも綺麗に縫製できるようになります!

前回もお伝えしましたが、変わった生地を持ってきている方もいるので、お伝えしていこうと思います!


1回目の今回は
地直し(購入した生地のゆがみをアイロンで綺麗に整えていく作業)

型入れ(生地に型紙を配置していく作業)

裁断です。


まずは地直しです。
RIMG0186.JPG

アイロン.JPG

折り目は付けない様にスチームでアイロンをかけます。



次に型入れ

型入れ前に生地を縦糸と横糸が直角になるように机の上に配置します。(生地にしわを残さないように!)
RIMG0160.JPG

柄の入っている方はより正確に配置します。(この方の生地は麻の入っている生地を持ち込まれたので、かなり難度は高めです。)
柄.JPG


RIMG0174.JPG



最後に裁断です。
RIMG0175.JPG

RIMG0189.JPG

特にカーブの急な部分は慎重に鋏の先を使うように気を付けます。(詳しくはパタンナーズライフの鋏の回を参考に!)

次回は裁断の続きと縫製に入ります。裁断さえ綺麗にできていれば縫製は比較的楽になります!
皆さんも裁断の時は完璧に!

次回もお楽しみに!

好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/



posted by ル*オペラ at 16:01| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。