2011年02月21日

リフォーム講習A1回目

2回目のリフォーム講習始まりました!

前回の講習の様子も見てくださいね!
全4回の講習で色んな内容を盛り込んでいます。

RIMG0903.JPG


1回目の今回は

「補正」
既製服は一人一人に合うということはありませんが、万人の体型から大きくはずれた形にはなりません。(万人の平均的な体をしている人もいるかもしれないですが・・・)

様々な体型の人がいますが、その体型に合った服を作るには補正の技術がないと、きれいなシルエットを生み出す事はできません!

誰かの為に作るのであれば、より補正の技術は必要になってきます。

通常
RIMG0568.JPG


体型が変わると・・・
RIMG0431.JPG

しわが出てしまい、体型に合っていませんから着心地にも影響してきます。もちろん綺麗とは言い難いと思います。



RIMG0889.JPG

皆さんパターンを見ながらどうすればいいのかを考えながらの作業です。
もちろんヒントは伝えますが、まずはアイデアが出るまで考える事。
答えは自分で見つけられるようにならないと、次からできるようになりませんので。

パターン上での修正が、どんな立体になるかを想像できるようになれば、補正だけでなく、一から作るときにも役立ちます。

立体で色々試します。
RIMG0897.JPG

RIMG0873.JPG

パターンと照らし合わせて、試した作業が理論上成り立っているか。他に問題はないか。問題がなくなるまで、綺麗な形になるまでアイデアを試します。


今回は「お腹が出ている体型」などを個別に準備しましたが、さらに「お尻も出ている」という具合にクセはひとつだけではありません。
更に仕上がった形が綺麗でなければいけませんから、体型をフォローするようなシルエットにしていきます。
(しわを消しても、見た目が「お腹のあたりが出ているスカート」では綺麗ではありませんから)


修正後
RIMG0916.JPG

赤で印をしているところに肩パットが入っていますが、しわは消えました。



次回はトップスの補正からです。

お楽しみに!


好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/

posted by ル*オペラ at 07:30| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

東京校 体験セミナー プレゼントパターン

体験セミナーご予約受付中!

2月に入り、新学期の準備で忙しくなってきました!

見学者の方も日に日に多くなってきていて、体験セミナーも多数ご予約頂いてます!


今回は体験セミナー受講者にプレゼントしている型紙について少しお話しておきます!結構太っ腹です。(ブックカバー縫製を選択された場合は、ブックカバーをお持ち帰り頂いています。)

それがこちら!
パターン&縫製仕様書&縫製手順書
RIMG0845.JPG

体験セミナーで作業をした製図の完成した型紙です。(この型紙を使用して裁断→縫製をします。セミナー内ではここまでの作業はしません。)
縫製仕様書とは縫製をする際に必要な情報を書き込んだ指図書です。
RIMG0846.JPG

縫製手順書は縫製された事がない方も理解し易いように、ご用意しました!

パターンに関してはお渡ししてからのお楽しみ!
ぜひ体験セミナーを受講して手に入れて下さい!!


この型紙を使った縫製の仕上がりは・・・
RIMG0833.JPG

プレゼントした型紙どおりに縫製すればこんな仕上がりに!
立体的に作っているので、平置きしてもペッタンコにはならないです。
RIMG0839.JPG


RIMG0843.JPG

もちろん裏地付きです。

生地はかなり張りのある生地を使用して縫製していて、形がはっきりしていますが、使用する生地をもう少しドレープの出るものに変えれば、また違った雰囲気が楽しめます!ぜひとも色々使いまわして!縫ってみて下さい!

丈の長さも好みの長さに変えてもいいですね。好みの丈は穿いてみないと分からない所もありますし。

では体験セミナーのご予約お待ちしていますー!


好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/





posted by ル*オペラ at 12:42| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

メンズドレスシャツA 4回目

メンズドレスシャツもいよいよ完成に近づいてきました!

私もかなり楽しみです!

今回は通常授業の時にも質問されて、家で縫製されたそうなのでかなり進みました!


前立て 肩
RIMG0670.JPG

以前にもお伝えしましたが、前立ては「顔」ですから、ぶれないように真直ぐ!縫います。(縫う距離が長いのでかなり縫い縮みますから、1回縫うごとにアイロンをかけて仕上がりの寸法が変化しないようにします。)

肩は縫いずれの起き易い場所ですから無理に引っ張ったりしないようにします。


衿付け
RIMG0673.JPG

衿は立体的に作り込み、完全に左右対称に仕上げます。

RIMG0713.JPG

裏の生地に柄を使用されていました。デザインアクセントになりますね!

RIMG0710.JPG


RIMG0721.JPG


RIMG0711.JPG



袖口短冊布
RIMG0712.JPG

特に注意する箇所は赤で○を付けているところです。1針縫いずれるだけでかなり目立ちます。

RIMG0714.JPG


RIMG0715.JPG

綺麗に縫えました!私が縫うより綺麗かも・・・負けられないですね。


袖付け
RIMG0719.JPG

袖が一番のポイントです。
シャツは設備があれば早く綺麗に縫うことが出来るでしょうが、そうでない場合は工夫するしかありません。縫う手順や、アイロンをかけるタイミングも重要です。
(縫い代は、縫った後にかぶせるようにアイロンをかけると非常にやりにくいので、縫う前に仕上がりに折っておくなど)

RIMG0720.JPG


RIMG0732.JPG

やっと手縫い工程です!
縫い代を手縫いしていくのですが、加減が難しいです。次回はこのあたりから紹介していきたいと思います!
あと少し!!


好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/




posted by ル*オペラ at 19:07| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。