2011年03月22日

リフォーム講習A2回目

震災もあり今回は来られる方が少ない状況でしたが、
リフォーム講習を開催しましたので、その様子を少しお伝えしたいと思います。

前回の続きからで、今回はトップスの補正をしてもらいました。
RIMG1055.JPG


いかり肩
なで肩
猫背

を用意して標準的なトップスを体型に合わせ、バランスを取りながら、修正していく作業です。

皆さんも使っていない肩パットがあれば、簡易に体型をつくることができるので、ぜひ作業してみてください。(ご自身の体型や、お友達の体型を作ってもいいと思います。)修正する作業はかなり勉強になるのでお勧めです!
RIMG1056.JPG

今回は猫背体型(背中が丸まった形)をボディで表現しました。

いかり肩やなで肩は簡単ですが、猫背はバランスをとるのが少し難しいです。
1箇所だけで修正してもバランスが悪い形しか出来ないので、いろんな箇所を修正します。

肩のダーツや肩、衿ぐり、脇を修正します。
RIMG1059.JPG

足りていない状態の部分を出してバランスを取ります。


重要なことはパターン上で理解していないと正確な設計が出来ないということです。
RIMG1057.JPG

肩や衿ぐりを出しているというのではなく、赤線の位置をカットしてタテに開いているのです。
(要するに膨らんでいる箇所でカットして切り開くということです。)

但し既製服はもう既に出来上がったものですから先程の赤線の位置を切って、ツギハギにするわけにもいきません。
肩や衿ぐりの廻りは複雑な縫製がされていますから、通常は裾を出して調節します。

いろんな方法がありますし、生地の特性によってはお直しできないものもありますから、そこをいかに工夫をして直すか、というところに面白みがあります。


では次回もお楽しみに!

好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/


posted by ル*オペラ at 17:06| Comment(0) | 講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。