2010年06月15日

STさん3回目

STさん3回目です。

前回は工業用パターンまでできたので今回は裁断からです。

生地はこちら
RIMG0049.JPG

ローンっぽい薄手の生地でシャツやブラウスに使うとサラリと軽い雰囲気になりそうです!

生地はある程度地直しをしてきてもらったので、早速裁断の準備をしていきたいと思います。

まずは糸抜き
RIMG0043.JPG

正確な地直しのため横糸を一本抜き、縦糸と横糸が正確に直角になるようアイロンをかけます。

型入れ
RIMG0045.JPG

大きいパーツから配置をし、小さいパーツは空いている隙間に配置します。ムダが無い様に!

ピン打ち
RIMG0047.JPG

あまり多く刺しすぎると生地を大きくひっぱる事になるので、適度な分量ピン打ちして型紙を固定します。

荒裁ち
RIMG0051.JPG

ピン打ちができたら、生地を扱い易くするため荒裁ちします。

いよいよ裁断です!
RIMG0053.JPG

裁断が正確にできていれば縫製はより楽になりますから、ここは集中です!

芯を貼っていないパーツがあるので芯を貼ってから裁断をしたいと思います。

芯貼り
芯は仕上がりを少し柔らかくしたいそうなので薄手のものを用意してもらいました。

ためし貼りです。
RIMG0070.JPG

接着樹脂がしっかり付くように十分に熱と圧力をかけていきます。

確認
RIMG0071.JPG

RIMG0075.JPG

バイアス(斜め方向)に引っ張っても接着樹脂が剥がれませんし、柔らかさもちょうど良いのでこの芯を使用して裁断します。

最後にノッチ(合い印)に切り込みを入れます。
RIMG0076.JPG

少しほつれ易そうなので切り込み過ぎないよう注意します!

さあ下準備は完了です!

次回は縫製に入れそうなのでお楽しみに!
好評なブログ「パタンナーズライフ」も宜しくお願いします!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/




posted by ル*オペラ at 16:13| Comment(0) | 今着たい服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。