2009年11月19日

メンズシャツ2回目 

シャツ2回目です。
今回から縫製です。シャツの縫製は縫製前の下準備(アイロンでの作業)に時間をかけます。

「正確に折る」

これが非常に大事です。

では・・・

ヨーク(後ろ)

タック
RIMG0011.JPG

タックはアイロンで折り込んだ後、捨てミシンをかけます。(今回はしつけ糸でしました)

ヨークと後ろ身頃を地縫い
RIMG0047.JPG

生地の厚さにもよりますが、出来上がりよりもやや縫い代側を縫製します。

アイロンで片倒し
RIMG0050.JPG

ここがポイント。アイロンで正確に返しておかないと縫製をしたときに控えた分量がまちまちになって綺麗に仕上がりません。

表からコバステッチ
RIMG0051.JPG

生地の厚さでかなりの段差がありますので、厚紙を挟んで縫製しました。

続いて・・・

前立て

アイロンで前立てを折る
RIMG0018.JPG

ここもアイロンで正確に折ります。前立ては非常に目立つ箇所なので定規などを使って誤差のないように折り込みます。
折った状態
RIMG0020.JPG


前たてにステッチ
RIMG0036.JPG

仕上がった状態です。縫製したときに縮んでいないか確認します。



アイロンで裾を折り込む
RIMG0038.JPG

型紙を置いて出来上がりどおりに折られているか確認しながら作業します。

カーブのきついところは捨てミシン(これもしつけ糸でしました)をかけギャザーを作って折り込むと作業がしやすいです。
RIMG0014.JPG


次回はポケットからです。

お楽しみに!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/
posted by ル*オペラ at 12:27| Comment(0) | 今着たい服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。