2009年11月05日

メンズシャツ1回目 裁断

今回から不定期ですが、数回に分けて、メンズシャツの縫製を紹介していきます!

工業用の縫製方法とは異なり、いろいろ工夫しながらになりますが良かったら皆さんも作ってみてください!

ではサッソク

生地
IMGP2522.JPG

綾織のデニムに近い生地です。少し引っかくとすぐにほつれてきてしまい、端も縦糸が抜けてしまいますから慎重に扱います。

型入れ
IMGP2521.JPG

地直し(アイロンをかけて縦糸横糸を直角にする)して二つ折りにした後、端から正確に地の目(生地の耳と平行)を通します。定規を使って正確に。

IMGP2524.JPG

こういった生地の糸のほつれはよく確認して外しながら型紙を配置してください。

大きいパーツが裁断できたら残りの生地で小さいパーツを型入れします。
RIMG0005.JPG



RIMG0022.JPG

今回は生地がデニムに近いので全面に芯を貼ると仕上がりがごつくなります。縫い代には芯は貼らないで、表のみに芯を貼り、軽くします。
RIMG0032.JPG

羽衿だけは台衿側の縫い代分の芯も必要です。

注意点
芯を裁断する時は慎重に!特に衿先やカフスと台衿のカーブの形が出来上がりの形になります。左右対称かをよく確認してください!

次回は縫製に入ります!まずは後ろ身頃からです!お楽しみに!

セミナーの詳細はこちら→http://www.leopera.jp/

posted by ル*オペラ at 09:15| Comment(0) | 今着たい服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。